脱毛保湿クリームの重要性とは

脱毛をした後のケアとして、保湿クリームを良く見かけます。
これは、自己処理を行ったときのための物だけでなく、
脱毛サロンで施術を受けた後にもクリームやミスト、ローションなどを
使って保湿を行っています。

主流の光脱毛の施術後は保湿が大事

現在主流になっている光を使った脱毛方法は、肌に直接触れることなく
ムダ毛の原因である毛根を処理するという物ですので、
それほど大きな負担がかかるとは感じられないかもしれませんが、
毛根に光を当てたときに発する熱は、毛穴や周辺の肌細胞にも行き渡っており、
施術後は肌が軽いやけどのような状態になっています。

施術後は熱を持った状態なので水分が蒸発し肌に影響がでる

このままにしておくと、肌が保持していた水分は熱によって蒸発してしまい、
潤い不足となった肌はバリア機能が低下して、紫外線や雑菌といった
外的刺激の影響を受けやすくなります。

施術後はアフターケアが大事になる

そのため、サロン等で施術を受けたときにも当日は長時間の入浴、
過度のアルコール、激しいスポーツ、紫外線などの肌を温めるような
行動は制限されますし、課程用脱毛器の説明を見ても、
処理したあとには保湿とクールダウンを十分に行うようにという注意があります。

サロンなどで保湿ケアはするが、肌の状態に合わせて保湿クリームでケアする

サロンでは保湿ケアを行いますが、自宅に帰ってからも入浴後など、
肌から水分が蒸発していると感じられるときには保湿クリームで
こまめにケアをする必要があります。
そうすることではだが本来持っている治癒力も高まり、
脱毛で受けたダメージから早く回復しますので、ムダ毛がなく、
潤ったツルツルの素肌になれます。

ビキニラインの処理について